カメラを買ったら、外出が何倍も楽しくなった

[SPONSORED LINK]

先日、総額35万円で一眼レフのカメラを買ってしまいました。

 

はじめて払いましたよ、そんな大金。。

 

わかってはいたが、一眼レフ高いです。。。

 

改めて実感させられました。

 

買ったお店で、

店員さん:「お支払はどのようになさいますか?」

 

って聞いてきた時は食い気味で

ぼく:「ローンでっ!」

 

答えてやりました(ドヤ顔)

 

 

ははは、やばい。お金ない。

(お店の方、その節はお世話になりました)

 

そういうわけでカメラ買ったカメラがこちら。

 

f:id:a111535758:20170622210447j:plain

引用:http://www.gizmodo.jp/2012/03/

 

EOS 5DMark Ⅲ

 

初心者用というよりはプロ向けのハイスペックのカメラですね。

 

なんでこのカメラを買ったのか、また一ヶ月が経った感想をまとめてみたので、ご覧ください。

 

外出することが楽しくなった

 

ぼくは圧倒的インドア派なので、用事のない休みの日にずっと一日中家にいるとかざらです。

 

というか、ほとんどずっと家にいます。

 

そんな感じで休日をお過ごしていたぼくもカメラを買って、

 

興味が出てくると頻繁に外出するようになりました。

 

なんか暇だなー、やることないなーとか思うと、

 

今までだったら、YouTubeでもみて時間潰そーだったところが、

 

いまでは、

急いで外に行くぜー!!!!

キタキタ!!良い写真撮れた!!よっしゃ、うぉー!!次いくぞ次ー!!

 

 

 

取り乱しました。

 

でも、ほんとにこんなかんじ。

 

テンションが明らかに違うことをご理解いただけたかと思います。

値段が高かった分ハマりやすい


もう一つ良かったと思ったところは値段の高いものをあえて買ったところ、

 

ほんとは色んな種類があって、正直数万円で済ましてしまうことも可能でしたが、あえ

て、35万のカメラを選びました。

 

そのかいあって、今ではカメラにメロメロです。

 

やっぱりここまで値段が高級だと、ちょっとやそっとではやめられないので必死になります。

 

だって飽きて写真取らなくなったら、大金叩いて買った意味ないですから。

 

35万って言うと、新卒の手取り×2くらいはありますし、

 

中小企業の30代会社員の月収くらいあると思います。

 

35万だとやっぱりそれ相応の重みがありますよね。(真顔)

 

改めて、価値を再認識出来た気がします。


ほんとにいいものは売る時に高値がつく


値段のことで言うと、

 

「本当にいいものを買えば、売る時も高額で売ることができるけど、別にそうじゃないものは買い手が居ないから、高値で売れない。」

 

っていうアドバイスを先輩からもらったのも高額なカメラを買った理由になります。

 

例えば、35万で買って、

もし、20万円で売れた場合、マイナス15万で取引を終了した事になりますが、

 

二十万円程度のスペックのカメラを買った場合、売れたとしても数万円そこそこ。

 

実質スペック、値段など考慮した時に無駄ではないと判断して、購入に至りました。


さいごに


最初はカメラこんな高いカメラ必要ないなと思ったけど、

 

使ってみたら、コレくらいスペック高いほうが色々できてまじで面白い。

 

仕事が休みの時に写真を撮るために街に繰り出そうと計画中です。

 

上野動物えんとか、行きたいですね。動物いっぱい撮りたい。