AWAっていいよなー

最近の僕の生活を支えてくれているものその1つが間違いなくAWAです。

 

 

使ってみたきっかけは、サイバーエージェントの藤田さんのブログを読んで興味を持ったから。ブログのなかではこんなことを、

 

AWAはひたすら「磨き上げる」

をスローガンに黙々とサービスの改善、
楽曲の充実を強化してきました。

引用:渋谷ではたらく社長のアメブロ

 

 

磨き上げられたAWA使ってみたかった!!!!!


僕の周りにはどちらかといえばspotifyを使ってる人の方が多くて、どの音楽を視聴できるアプリはどれを使おうか回っていたのでタイミングもちょうど良かった。

 

 

使ってみると、確かに良い。
曲が終われば、自動で次の曲にいくのも良いし、曲順が視聴回数順に並んでるのも良いし、自分で曲のグロープを作れるのも良い。

 


良いことの方が多いけど、

不満点を言わせて貰えば、もう少し曲の数を増やして欲しい。聴きたい曲があっても、全く曲が入ってないアーティストもいて、聴きたくても聞けない状況が多い。

 

 

僕がよく聞いてるのは、ワンオクロック、ラッドウィンプス、、、
特にワンオクは通勤時に聴いてるとテンションが爆上がりするのでおススメ。

 

デザイナー必見!After effectsの便利なショットカットキー紹介!

こんにちは、よしゆきです。

 

最近、仕事関係でpremiereを使うことが多く、AEは仕事終わり休みの日やしかさわれてません今日この頃です。

 

AE、premiere初心者の方はまずはショートカットキーを覚えましょう!

 

ショートカットキーを覚えちゃえば、作業効率が倍速になること間違いなしですよー

ae-style.net

helpx.adobe.com

 

初心者WEBデザイナーにとても役立つWEBサイトまとめた

 

こんにちは!よしゆきです!

 

これからIT企業がどんどん台頭していくに連れて、Webデザイナー不足は深刻な問題の一つのようです。

 

最近では、高い学費を出して、WEBデザインを学ぶ学校に通っている人がいますが、

 

実は学校で学ぶことの大半はGoogleで検索すれば、簡単に見つかる情報ばかりです。

 

そのため、お金が有り余って仕方ない人以外は独学をおすすめします。経済的にも時間的にも独学の方が絶対お得です。

 

これからwebデザインを勉強しよう!という人に少しでも助けになるようなWEBサイトを紹介します。

 

サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

 

f:id:a111535758:20171013094326p:plain


まず最初は、サルワカ

HTML 、CSSphotoshopなどについて初心者向けにわかりやすく説明してくれています。

 

わかりやすいイラストがよく使われているので、誰でもストレスなく見ることができます。

 

デザインのこと以外にもIT関連の記事が多いので、そちらも参考にしてみては。

 

あと、個人的にアイキャッチがかわいくて好きです。

 

株式会社LIG | 台東区上野にあるWeb制作会社

 

f:id:a111535758:20171013094447p:plain


次は言わずと知れた有名Web制作会社、LIG。

 

LIGのサイトでは多くのデザイン関連の記事があります。

 

実際に働いているデザイナーさんが書いていることが多いので役立つ情報が多いです。

 

ただ、本当に初心者向けに書かれてはいないので、全くの初心者の人はサルワカを見ましょう。

 

他のWEBサイトに比べて記事が多く圧倒的に網羅性が高いので、これ一つで初心者から一歩抜けた人は十分かもしれませんね。

 

デザイン以外にもLIGといえば、コメデイチックな記事が多くあるので、そちらもチェックしてみてください。

 

 

Tondemo Design Blog – デザイナーのためのデザイン以外のこと。

 

f:id:a111535758:20171013094714p:plain


有名なWEBデザイナーの方が個人で書かれているブログです。

 

このブログでは、デザイナーの方に現場で役立つ情報を発信しています。

 

デザイナーの人は必見内容ばかりなのでぜひチェックしてください。

 

 

Webデザインレシピ

f:id:a111535758:20171013094825p:plain


WEBデザインレシピはwordpressの勉強の際によくお世話になりました。

 

wordpress以外にもHTML、CSSWEBデザイナーとは、のことについても多く書かれているので、気になる人はぜひ!

 

 

ちなみに

デジタルハリウッド大学(専門スクール)Webデザイナー専攻学費

f:id:a111535758:20171013095112p:plain

 


あくまで個人の意見だけど、このくらいの金額を払うんだったら独学で勉強してある程度できるようになったあとにベンチャー企業インターンしたほうがいいと思います。。。。。。

 

さいごに

WEBデザイナーになるためにそれほど大きな障壁はないと思います。

 

つまり重要なのは、自分のやる気です。

 

WEBデザインもグラフィックデザインをやるのか、アプリのデザインをやるのかでも結構違いがあるので、そこに関しても実際に試してみて自分のやりたいことを見つけていってください。

やりたいことが見つからない大体の理由は自分が何も動いていないことが原因なのかも

f:id:a111535758:20171010053240p:plain

こんにちは、よしゆきです!

 

突然ですが、将来のこと考えたりしますか?

 

ぼくはよく結構します。

 

今考えると、

ぼくが生まれてから今までで一番悩んだことは間違いなく、「自分のやりたいことってなんだろう?」についてかなって思います。

 

 

学生の頃から自分のやりたいことがわからなくて悩んでいる時期がとにかく長かった。

 

今考えれば、やりたい事が多すぎて何が自分に合っているのか、
たくさんやりたい事があるけど、じゃあ本当にやりたい事がなんなのかがよくわからなかったんですよね。

 

でも、それも当然で原因はその時までのぼくは何もしてなかったから。

 

その後、今のままではダメだと思って大学を2年で中退して、

色々な仕事を経験して少しずつ自分がやりたいことがつかめてきたけどまだまだこれからだと思っています。

 

若いうちからもがけ

 

世間ではよく年齢を重ねるにつれて新しいことに仕事に挑戦しづらいと言われます。

それは周りの目もそうだし、高年齢になるにつれて自分のステータスも変わってくる。

 

かなり大きいのが、結婚や子育て。


子供を育てるのはかなりお金が必要になるから自分のやりたいことじゃなくてもお金を稼ぐために働かなければいけなくなる。

 

そうならないためには、若いうちから自分のやりたい事がなんなのか、自分はどんな仕事に向いているのか、ある程度掴んでいる事が大切かなと思います。

 

臨機応変にいこう

 

ホリエモンさんも言ってたけど、「将来の夢がないってのはありえない。本当は夢はあるんだけど、どうせ叶えられないと思い込んで気持ちに蓋をしてしまっている。

 

僕の場合、叶えられないと思っていた訳でも全く夢がなかったわけでもありませんでしたが、

 

やりたいこと多すぎて何を目標に生きていけば良いのか分からなかったからとりあえず会社に入ってみた。

 

そこから、出来るだけいろんな種類の仕事をしていって自分がやりたいと思う仕事を片っ端から探していった感じですかね。

 

まだまだやりたいこといっぱいありますが、、

 

なりたいものなんてどうせ変わるからその都度微調整すればいい

 

学生の頃は運命の出会いみたいにやりたいことが見つかったら、「これだ!」って心の中で思うと思ってたんですけど違かったみたいです。笑

 

今ではやっぱり人生長いからやりたい事なんて結構変わると思っていて、
例えば、元々プログラマーになりたかったけど、やっぱりマーケティングやりたいとか、できる範囲で微調整し続けるしかない。

 

やりたいことを探すにはとにかく経験を積むしかなかった

 

ぼくは大学生だった時、とにかく暇だった思い出があります。

 

毎日のように意味の見いだせない講義、アルバイトを繰り返す日々。将来への不安は日に日に募っていくばかりでした。

 

でも、会社でインターンを始めたのが大きかったです。

 

まず経験しなければ、どうせ自分がやりたいことはわからないと思って、意を決して一年生の春休み頃からインターンを始めて、働き始めて今に至ります。

 

大学生の方は飲み会やただ楽なバイトをする日々に明け暮れるのもいいと思うけど、やりたいことが見つかっていない人は全く見つかってない人は少し焦った方がいいと思います。四年って案外早いですしね。

はじめて会った人と花火を見る、そんな夜があってもいいじゃない?

f:id:a111535758:20170803204535j:plain

 

隅田川花火大会

隅田川花火大会(すみだがわはなびたいかい)は、東京都隅田川沿い(台東区浅草(右岸)・墨田区向島(左岸)周辺)の河川敷において毎年7月最終土曜日に行われる花火大会である。毎年8月に開催される江戸川区花火大会とともに東京二大花火大会の一つに数えられる。

引用:隅田川花火大会 - Wikipedia

 

周知の事実だとは思うが、先日、隅田川花火大会が行われた。今年東京に引っ越してきたぼくにとってテレビでもよく名前を聞いていた。その花火大会に行くと決めるのに時間はかからなかった。

 

 

行くと決めたのはいいものの、誰と行こうか、迷っていた。さっきもいったが、東京に来たのは今年の5月で引っ越してからも会社と家を往復する日々。友達ができる気配はなかったのだ。誰と行こうか、迷っているうちに7月になり、隅田川花火大会まで三週間を切っていた。


誘われるのは突然に

隅田川花火大会に興味はあったものの、特に話の話題に出すのは無粋だと思い、周りの人には話さなかった。決して仲が悪かったわけではない。

 

 

そんな折にぼくが、住んでいるシェアハウスの担当の人(以下Aさん)から物件内を掃除しようと思うからちょっと手伝ってくれと言われた。最初は戸惑いがあったものの、ちょっと面白そうだと思って、物件で一番新米であろう自分が手伝うことになった。

 

 

いざ、掃除をする日になると、まさかのぼくとそのAさんだけであった。ぼくは他の人も何人でワイワイ掃除するのを想像していたので、掃除をしに住人に苛立ちを抑えながらもそれでもシェアハウスに住んでいるわけでもないAさんが必死で手伝ってくれてるところをみて、掃除を再開した。

 

 

なんとか、掃除を終わらすと、二人の身の上話になり、ぼくが「今度、隅田川花火大会ですね!」と言ったらAさんが、「今度、他のシェアハウスのメンバーで隅田川花火大会一緒に見る会やるから来ない?」と誘われた。こうして、ぼくは見ず知らずのシェアハウスの人たちのパーティーに行くことになった。偶然ってこわい。

 

知らない人だらけのかなりカオスなパーティー

 

今年の隅田川花火大会当日は雨だった。運動会は雨だと延期する、その要領で延期かなと思ってたが、通常通り行われた。

 

パーティーの場所は隠すが、ぼくのシェアハウスから電車で30分の場所にあった。日本一とも言われる花火大会だから当然だが、電車は激混みでおまけに雨は降ってるはでテンションはガタ落ち。めんどくさくなって途中で行くのをやめちゃおうかなと思う程だった。

 

結局、特に問題なく目的地に着いたのはいいが、あいさつも早々、みんな年上の方ばかりで何を話していいかが、わからない。圧倒的、コミュ症ぶりを発揮した。効果は抜群だ(?)

 

知り合いが、Aさんしかいなかったぼくにとってはその場はアウェーでしかなかった。

 

接点はなかったけど仲良くなれた

 

接点はほとんどなかった。
考えてみると、シェアハウスに住んでいることくらい。

 

歳も、性別も、職業も、出身も、夢もバラッバラな集まり。

 

だけど、なんだか、みんな笑顔で暖かかった。

 

大学を辞めて、東京に出てきたばかりの自分には嬉しかった。


徐々に場になれ、話すこともできて、最終的にはまた会いましょう!

 

、という流れまでこぎつけることができた。

 

実際、会うことはないかもだけど

 

でも、次にまた会うかはそこまで重要じゃない。

 

行動力って大切

 

東京でまだ全然友達のいない塞ぎ込みがちなぼくでもイベントを楽しむことができたのは、やはり行動を起こしたからだと思う。

 

 

今考えたら、あのときシェアハウスの掃除を断っていたら?雨でめんどくさくなっていかなくなっていたら?絶対に今の達成感は味わえていない。たくさんの人と隅田川花火大会を見れて本当に良かった。

 

 

行動力は才能云々ではないから気の持ちよう次第。誰でも後天的に身につけることが出来る。

 

今までの自分を変えるためにまずは言いわけをなくす。めんどくさいをなくす。

 

 

フットワークを軽くすれば、ほとんどすべてのことは楽しいことに変わるのではないかなと思う。


以上です。

味気ない日常に疲れてくるとふと旅に出たくなる

 

lineblog.me

 

歩きながら、背負っているリュックの中のことをかんがえた。
 
身分証明のために役所に持っていったきりリュックにずっと入っているパスポート(わたしは免許を持っていない)、いつも持っている化粧ポーチ、ご飯を食べた後のための歯ブラシ、パソコン、ノート、諸々の充電器、お財布、いつも飲んでる薬。
 
全部ある。
 
いまだって行ける。わたしがこのまま成田か羽田に出かけて、取れるチケットを聞けば、タイにだって香港にだってスペインだってアゼルバイジャンだってオーストラリアにだって行ける。
 
おなかを空かせて待っている犬もいないし、煮込んだばかりのカレーもない。帰る時刻に合わせてタイマーをかけてきた暖房もないし、届く予定の荷物もない。
 
わたしを心配させるようなものは何もない。
 
そう思うと、わたしをつなぎとめるものがないことを少し寂しく思い、次第に心が落ち着いた。
 
この日常は課せられたものではなく、いつでも変えられるのだ。無理しなくていい、苦しくて辛かったら逃げていい。
 
その選択肢がわたしにはある。
そう思うとホッとした。

 

いつものと同じように流れていく毎日に嫌気が指してくる。

 

おれは、今の生活でいいのだろうか。

このままで大丈夫なのだろうか。

 

そんな根拠のない不安が弱った自分に話しかけてくることがたびたびある。

 

でも、周りを見回してみると、同じような毎日を過ごしている人がほとんどで、

 

それになんの感情も抱いていない人ばかりだった。

 

だから、みんなは自分とは違うんだと思っていた。自分だけが異端でみんなは正常。

 

でも、このエントリー安心した。

 

自分と同じ感情を抱く人がいたのか。

そう思った。今の現状から逃げようと思ったら逃げれる。

 

その事実だけでこれからを強く生きていける。

 

 

f:id:a111535758:20170731014756j:plain

誰かと時間を共有したいって当然の欲求

f:id:a111535758:20170716012625j:plain

誰かと時間を共有したいという気持ちからライブ動画を見る人が増えてくるんだと思います。

 

ぼくは生粋の寂しがり屋で常に誰かと一緒にいたいと思っています。

 

でも、ずっと誰かと一緒にいることって難しいですよね。

 

特に一人暮らしの夜中なんて寂しい気持ちになる人は多いかもしれません。

 

 

以前は、テレビをみてその寂しさを紛らわすひとが多かったようですが、

テレビが面白くなくなってくるに連れてどんどんニコニコ動画YouTubeなどの動画サービスが成長してきて、現在そ現在のサービスににハマっているひとは多いです。

 

 

 

実際、ぼくもハマっているうちの一人で。今日もある配信者さんのライブ動画を見ました。

 

単純に面白いとも思ったんですけど、それ以上にどうしようもない寂しさを紛らわせてくれるツールだなと思いましたね。

 

視聴者は思っていることをチャットで書き込めて、それに対して反応してくれるのでなんだかリビングで団欒しているような感覚になりました笑

 

最近インスタグラムライブ動画をはじめたり、その他サービスでもどんどんライブ配信できるものが増えてきているので、これから注目してみていこうと思います!

 

では、今日はこのへんで!

まじでおすすめな漫画『左ききのエレン』を読んでほしい

f:id:a111535758:20170715164754j:plain 

 

 

 

 

 

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だったが……。 「フェイスブックポリス」で一躍話題になり、「cakesクリエイターコンテスト」で特賞を受賞した、かっぴーさん初の長編マンガ、堂々連載開始!(左ききのエレン・第1話より)

 

ストーリーがとにかく引き込まれるんですよね。ぼくはサブタイトルの『天才になれなかったすべての人へーー。』なんてもう見た瞬間から「うわー」って心を鷲掴みされました。笑 この漫画のストーリーに共感できる人は絶対多いと思う。

 

 

何人かの人が行ってるけど、はまらない理由は絶妙な絵の下手さ加減だと思う。画力で攻める作家の方じゃないし、ぼくは気にならないけど、あれが、気になるひともいるんだよねー。不思議だよな。笑 てか、実際ああいった作画のほうが逆に共感を呼ぶと思うんだけどね。

現在、cakesで絶賛連載中です。
また、今ならKindle Unlimitedに入れば、全8巻読めちゃいます。

 

 

都内に住むならシェアハウスが圧倒的におすすめする理由

都内って家賃高いですよね。

 

そのため、家賃の低い家を探すのが結構難しい。。

 

東京で家賃を安く抑える選択肢って何個かあると思うんですけど、

 

今思いつくのではこんな感じ。

①シェアハウスでみんなでわいわい

②訳あり物件で毎日ホラー

③公園でダンボールと添い寝

他にもあるとは思いますが、この①〜③だと大体の人は①を選択すると思います。

 

②か③を選ぶよって言う方はこの記事はあまり参考にならないかもしれません笑

 

 

そんなわけことはさておいて家賃を安くする選択肢として、シェアハウスってすごくいいと思うんです。

 

シェアハウスで元々知っている人同士で住むパターンも結構あると思いますが、

ぼくは全く知らない人とシェアハウスに住んでいます。

 

住んでみて想像したよりもずっと快適だったので今回は紹介したいと思います。


家賃が安い


東京の家賃って高すぎるの一言では終わらないほど、

高いとおもうんです。

 

実家に帰った時、家賃の高さに驚かれ、

田舎のほうが絶対いいって言われる話は定番ですね。

 

シェアハウスに住めば、水道代、光熱費も一人で暮らすときよりも格段に安く済みます。

 

 

生活家電も特に買わなくていいので、初期費用もだいぶ浮きますね。

 

他にもルームメイトと仲良くなれば、必要なものをシェア出来たりするので、かなり助かります。


寂しくない


一人暮らしをしていると、ふいに寂しくなったりして、

 

誰かと話すために急に電話し始ちゃったり、だれかを家に呼んじゃったりしますよね。

その必要がなくなります。

 

だって家の中ほかにひとがいるから。

 

 

また、真夜中にふと、いまこの瞬間自分以外起きていないような寂しさ感じることがなくなります。

 

だって、だれか家の中で起きてるから。

 

寂しがり屋の方には圧倒的にシェアハウスがオススメです。

 

テレビがない家に住んでいたりするときの、

部屋の無音が気になったり人はシェアハウス向けかもしれません。

 


シェアハウスの悪いところ


パッと、でてこないくらい見つからない。

 

個人的にいえば、ぼくのシェアハウスはお風呂がなく、シャワーオンリーなんですが、それが意外ときつい、、

 

しっかり湯船に浸かりたい派なので週に何回か銭湯に行っています。

 

でも、上げればこのぐらい。

 

シェアハウスの方々もいい人ばかりで今の生活にかなり満足しています。

シェアハウスを見つけるには


じゃあ、シェアハウスどうやって探せばいいの?って疑問を抱く人も多いかと思います。

 

ぼくは「(住みたい街) シェアハウス」で検索しました。

 

調べてみるとたくさん出てくると思うので、自分にあっている物件を探してみて下さい。

 

他にも不動産に行ったり、

 

あとは、シェアハウス専用のWEBサイトがあるので、こちらで検索してみるのもいいかもしれません。


ひつじ不動産

f:id:a111535758:20170622211407p:plain

ひつじ不動産は、シェアハウス専門のメディアサイト。

 

エリア別全国のシェアハウスを検索することが出来ます。紹介されているシェアハウスはどれもオシャレなものばかりでどれにするか絶対迷う。

 

男女可で大きいリビングルームあるとか、テラスハウスに違いありません。絶対。

 

恋愛シュミレーションされたい方、はチェックしてみて下さい。

カメラを買ったら、外出が何倍も楽しくなった

先日、総額35万円で一眼レフのカメラを買ってしまいました。

 

はじめて払いましたよ、そんな大金。。

 

わかってはいたが、一眼レフ高いです。。。

 

改めて実感させられました。

 

買ったお店で、

店員さん:「お支払はどのようになさいますか?」

 

って聞いてきた時は食い気味で

ぼく:「ローンでっ!」

 

答えてやりました(ドヤ顔)

 

 

ははは、やばい。お金ない。

(お店の方、その節はお世話になりました)

 

そういうわけでカメラ買ったカメラがこちら。

 

f:id:a111535758:20170622210447j:plain

引用:http://www.gizmodo.jp/2012/03/

 

EOS 5DMark Ⅲ

 

初心者用というよりはプロ向けのハイスペックのカメラですね。

 

なんでこのカメラを買ったのか、また一ヶ月が経った感想をまとめてみたので、ご覧ください。

 

外出することが楽しくなった

 

ぼくは圧倒的インドア派なので、用事のない休みの日にずっと一日中家にいるとかざらです。

 

というか、ほとんどずっと家にいます。

 

そんな感じで休日をお過ごしていたぼくもカメラを買って、

 

興味が出てくると頻繁に外出するようになりました。

 

なんか暇だなー、やることないなーとか思うと、

 

今までだったら、YouTubeでもみて時間潰そーだったところが、

 

いまでは、

急いで外に行くぜー!!!!

キタキタ!!良い写真撮れた!!よっしゃ、うぉー!!次いくぞ次ー!!

 

 

 

取り乱しました。

 

でも、ほんとにこんなかんじ。

 

テンションが明らかに違うことをご理解いただけたかと思います。

値段が高かった分ハマりやすい


もう一つ良かったと思ったところは値段の高いものをあえて買ったところ、

 

ほんとは色んな種類があって、正直数万円で済ましてしまうことも可能でしたが、あえ

て、35万のカメラを選びました。

 

そのかいあって、今ではカメラにメロメロです。

 

やっぱりここまで値段が高級だと、ちょっとやそっとではやめられないので必死になります。

 

だって飽きて写真取らなくなったら、大金叩いて買った意味ないですから。

 

35万って言うと、新卒の手取り×2くらいはありますし、

 

中小企業の30代会社員の月収くらいあると思います。

 

35万だとやっぱりそれ相応の重みがありますよね。(真顔)

 

改めて、価値を再認識出来た気がします。


ほんとにいいものは売る時に高値がつく


値段のことで言うと、

 

「本当にいいものを買えば、売る時も高額で売ることができるけど、別にそうじゃないものは買い手が居ないから、高値で売れない。」

 

っていうアドバイスを先輩からもらったのも高額なカメラを買った理由になります。

 

例えば、35万で買って、

もし、20万円で売れた場合、マイナス15万で取引を終了した事になりますが、

 

二十万円程度のスペックのカメラを買った場合、売れたとしても数万円そこそこ。

 

実質スペック、値段など考慮した時に無駄ではないと判断して、購入に至りました。


さいごに


最初はカメラこんな高いカメラ必要ないなと思ったけど、

 

使ってみたら、コレくらいスペック高いほうが色々できてまじで面白い。

 

仕事が休みの時に写真を撮るために街に繰り出そうと計画中です。

 

上野動物えんとか、行きたいですね。動物いっぱい撮りたい。